快適なマウスピース矯正を可能にするiTero

口腔内スキャナー(iTero)とは?

口腔内スキャナー(i Tero)とは? マウスピース矯正を行うときは、患者さまの歯型を採取する必要があります。従来の歯型取りでは、シリコン製の印象材を歯に押し当て、印象材が固まるまで待機が必要です。

そのため、患者さまの負担が大きく、歯型取りに対してマイナスイメージをお持ちの方が少なくありません。

負担の少ないマウスピース矯正ができます

当院では、3D光学スキャナーのiTeroを導入しております。お口の中を簡単にスキャンするだけで、精密な歯型を採取できます。

さらに、スキャンデータから治療のシミュレーションができるため、マウスピース矯正を受けるかどうか検討しやすくなります。

iTeroを使ったマウスピース矯正

不快感の少ない歯型取り

不快感の少ない歯型取り印象材を口に入れることで嘔吐反射が起きて、苦しい思いをされるケースがあります。iTeroであれば、口の中にスキャナーを滑らせるだけで歯型を採取できるため、苦しい思いをする心配はありません。

スキャンのスピードもお口の中全体で数分と非常に早く、忙しい方でもマウスピース矯正を検討しやすくなっております。

事前に治療シミュレーションができる

事前に治療シミュレーションができるiTeroで口腔内をスキャンしたデータを元に、患者様の歯並び・口腔内の状況をモニターで確認することができます。
そして、治療開始後どのように歯が動いて矯正後、美しい歯並びになるか事前にシミュレーションが可能です。

歯科医師と患者さまの間で矯正治療のイメージを共有できます。
その結果、安心して治療を始めることができモチベーションを保ちやすいです。

治療の精度が高まる

治療の精度が高まる最新のスキャニング技術で歯型を採取するため、高精度のマウスピースを作製できます。それにより、従来の印象材を使用したケースと比べて、より良い治療結果を得られます。

スムーズにマウスピース矯正を開始できる

スムーズにマウスピース矯正を開始できるiTeroでスキャンしたデータは、インターネットを通じてアメリカのマウスピース製作工場へ送信します。iTeroが無い場合はシリコン印象材を使って歯型を取り、石膏が固まるのを待ってからアメリカの製作工場へ国際輸送します。

その歯型を元に工場でマウスピースの製作を行って再度日本へ送り返されてくる工程がありますので手元にマウスピースが届くまで相応の時間を要します。iTeroがあれば患者様の口腔内をスキャンしたらそのままデータで直接、送る事が可能ですのでかなりの工程を省略することが出来ます。そのため、従来よりも1~2週間程度早くマウスピース矯正を始められます。

iTeroに加えて歯科用CTで精密な診断を行います!

3次元画像でデータを確認できる

3次元画像でデータを確認できる歯並びを改善するために実際に動かすのは歯根(歯の根っこの部分)になります。歯科用CTを使用した矯正治療では、歯根の長さや位置を確認することが可能です。
美しい歯並びに近づくための計画の段階で、歯の位置・角度を歯根の部分から考えることができるため精密な診断で安心感があります。また、歯の移動にかかる時間が無駄にかかりません。歯根吸収の予防にもつながります。

TOPへ戻る
03-6279-0018 24時間WEB予約 オフィシャルサイトはこちらから オフィシャルサイトはこちらから 24時間WEB予約