矯正治療終了後の後戻り予防

他院で矯正したが後戻りが気になる方へ

他院で矯正したが後戻りが気になる方へ他院で矯正治療を受けたものの、歯並びが元に戻ってしまったので治してほしいという方のご相談も受け付けております。歯並びが元に戻ると、再び矯正治療が必要になり、患者さまに大きな負担がかかります。ただし、軽度の後戻りであれば、比較的短い期間で矯正できるため、再治療を前向きに検討することをおすすめします。
治療費・矯正期間・症例によって異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

後戻りしてしまった後の治療にもインビザラインGOがおすすめ

後戻りしてしまった後の治療にもインビザラインGOがおすすめ後戻りした歯だけが気になる方には、インビザラインGoがおすすめです。マウスピース型の矯正装置を装着することで、軽微な不正歯列を矯正できます。透明で薄いマウスピースを使用するため、周りの人に矯正治療を受けていることを気づかれる心配がほとんどありません。

矯正後の「後戻り」とは

後戻りとは、矯正治療を受けたところが元の歯並びに戻ってしまうことです。人の身体には、元の状態に戻ろうとする機能が備わっています。そのため、人工的に歯を動かすと、いずれ元の歯並びに戻ってしまうのです。ただし、歯の周辺組織が安定するまで保定装置(リテーナー)で歯を固定することで、後戻りを防ぐことができます。

後戻りの原因

  • 保定装置を正しく使用していない
  • 口呼吸や歯ぎしりなど不正歯列の原因がある
  • 治療後に親知らずが生えた
  • 治療を自己判断でやめた
  • 十分な矯正ができていなかった
リテーナー(保定装置)を正しく装着しましょう

保定装置には、取り外し可能なものと取り外せないものがあります。取り外し可能な保定装置を使用する場合は、装着時間が足りていないことで後戻りすることが予想されるため注意が必要です。

後戻りを防ぐために

歯科医師の指示に従ってリテーナーを装着

保定装置の装着時間を守らなければ、歯が後戻りする恐れがあります。歯科医師の指示に従って、決められた時間だけ保定装置を装着しましょう。

定期検診を受けましょう

定期検診を受けましょう保定期間中は、後戻りが起きていないか定期的なチェックが必要です。自己判断ではなく、決められた頻度を守って、歯科医師のチェックを受けましょう。

TOPへ戻る
03-6279-0018 24時間WEB予約 オフィシャルサイトはこちらから オフィシャルサイトはこちらから 24時間WEB予約