マウスピース矯正適応可能な歯並び

気になる歯だけ矯正できます

気になる歯だけ矯正できます当院では、気になる歯並びだけを矯正できるインビザラインGoというマウスピース矯正を導入しております。治療期間や費用、通院の労力といった負担を抑えて、前歯や八重歯、歯と歯の隙間などを整えられます。

インビザラインGo が向いている方

  • 気になる部分だけ矯正したい
  • できるだけ短期間で矯正したい
  • 費用をなるべく抑えたい
  • 痛みが苦手
  • 以前に矯正治療を受けたところが後戻りした
  • 重要なイベントまでに矯正したい

叢生(八重歯)を直したい

叢生(八重歯)を直したい

叢生は、デコボコした歯並びのことです。かわいい印象を持たれることもある八重歯も叢生の一種です。顎と歯の大きさのバランスが悪いため、歯が一列にきれいに並びません。また、乳歯のときに重症のむし歯になった場合も叢生になる恐れがあります。

歯並びがデコボコしていることで歯磨きがうまくできず、むし歯や歯周病のリスクが高まります。重度の叢生では、発音がしづらくなったり食べ物を咀嚼しづらくなったりと、日常生活に支障をきたすケースが少なくありません。

治療方法

叢生の原因は大きく分けて2つあります。1つは顎が小さいため歯が生えてくるスペースが確保出来ていないまま歯が生えてきてしまいデコボコな状態になってしまうケースです。もう1つは顎のスペースに問題は無いが、歯の大きさが大きすぎて歯と歯が重なってしまい歯並びが悪くなっているケースです。

顎が小さい場合には拡大床という顎のスペースを広げる装置を併用することで歯並びを矯正します。(小児の場合)歯の大きさが大きい場合には程度にもよりますが抜歯も視野に入れて矯正治療を行う必要があります。抜歯が必要になるケースでは歯科医師から十分に説明をさせていただきますので、患者様の意向に合わせて治療方針を決めていきますのでご安心ください。

上顎前突(出っ歯)を直したい

上顎前突(出っ歯)を直したい

上顎前突(じょうがくぜんとつ)」とは、下の歯列よりも上の歯列が明らかに前に出ている状態です。生まれつき下顎よりも上顎の方が大きいことや、上顎が前に出ていることなどが主な原因です。また、幼少期の指しゃぶりや舌で歯を押す癖も原因となります。

口を閉じにくくなることで口の中が乾きがちになり、自浄作用のある唾液量が減少することでむし歯や歯周病のリスクが高まります。

治療方法

治療方法は上顎がどれだけ前に出ているかで異なりますが、基本的には全体的に歯並びを整える必要があります。軽度の場合は、上の歯列を部分的に矯正するだけで治療できます。

重度の上顎前突の場合は全体的な矯正となりますのでインビザラインGoでは適応出来るかどうか分かりかねるため、歯並びのチェックをする必要があります。お気軽にお問い合わせください。

受け口を直したい

受け口を直したい受け口とは、下あごが上顎よりも出ており、通常の咬み合わせの反対になっている状態の歯並びです。
受け口の原因は、遺伝のほかに、頬杖をつくなどの日常の癖が関係している場合があります。食事をしにくかったり、滑舌に影響が出たりする問題があります。
顔の印象も大きく変わり、お悩みの方が多いです。

治療方法

インビザラインGoが適用できるかは歯並びの状況次第のため、まずは、お気軽にご相談ください。

受け口を直したい

受け口を直したい受け口とは、下あごが上顎よりも出ており、通常の咬み合わせの反対になっている状態の歯並びです。
受け口の原因は、遺伝のほかに、頬杖をつくなどの日常の癖が関係している場合があります。食事をしにくかったり、滑舌に影響が出たりする問題があります。
顔の印象も大きく変わり、お悩みの方が多いです。

治療方法

インビザラインGoが適用できるかは歯並びの状況次第のため、まずは、お気軽にご相談ください。

開咬を直したい

開咬を直したい開咬(かいこう)とは、口を閉じたときに奥歯は噛み合っているのに前歯が噛み合っていない状態です。原因は、長期間の指しゃぶりや口呼吸、歯を舌で触る癖などです。

前歯で食べ物を噛み切れないため、周りの歯に負担がかかる他、顎関節に悪影響が及びます。また、唇を閉じにくいことで口呼吸になり、口の中が乾いて虫歯菌や歯周病菌が増えやすくなります。

治療方法

開咬の治療では、インビザラインで歯並びを整えるだけではなく、口呼吸や歯を舌で押す癖など原因にもアプローチする必要があります。マウスピース矯正で歯列を拡大して歯並びを整えます。

空隙歯列(すきっ歯)を直したい

空隙歯列(すきっ歯)を直したい空隙歯列(くうげきしれつ)は、いわゆる「すきっ歯」のことです。歯が小さい、元々生えてくる歯の本数が少ないといった理由で、歯と歯の隙間が大きくなります。

歯と歯の間に食べ物が挟まりやすかったり、空気が抜けて発音が悪くなったりと、さまざまな影響を及ぼします。また、歯並びが乱れているケースよりも隙間が目立つことで、大きなコンプレックスになる場合があります。

治療方法

空隙歯列の治療には、マウスピース矯正が最も適しています。空隙歯列は歯と歯の間にすき間が空いている状態ですのでマウスピース矯正をすることで、歯と歯のすき間を埋めるように歯を動かします。治療効果が高く、期間も短期間で済むことが多いケースです。

また、歯並びによってはマウスピース矯正が適さない場合もありますが、空隙歯列の場合はほとんどの症例にマウスピース矯正が適用できます。ただし、歯の大きさが小さいことが原因で空隙歯列になっている場合は、歯にセラミックの板を貼りつけるラミネートベニア、歯の形を整えるクラウンなどを適用します。

過蓋咬合を直したい

過蓋咬合を直したい過蓋咬合(かがいこうごう)とは、下の前歯に上の前歯が深く被さっている状態です。上顎の歯茎に下顎の歯が触れることで痛みを感じる場合があります。また、顎関節症のリスクが高まる他、骨吸収が起きて歯の寿命が縮まります。原因は、先天的な骨格の問題や口呼吸などです。

治療方法

過蓋咬合の治療では、インビザラインで前歯の噛み合わせを浅くします。また、原因となる口呼吸や舌の癖などを改善するためのトレーニングを行います。

まずは初診無料相談へ!

まずは初診無料相談へ!当院では、インビザラインによる矯正をご希望の方や不明点を質問したい方に対し、無料相談を実施しております。矯正治療を受けるかどうか迷っている段階の方も、まずはお気軽にご相談ください。

TOPへ戻る
03-6279-0018 24時間WEB予約 オフィシャルサイトはこちらから オフィシャルサイトはこちらから 24時間WEB予約