10代のマウスピース矯正

10代で歯並びにお悩みの方へ

10代で歯並びにお悩みの方へ

矯正治療は小さな子供が行う治療だというイメージはありませんか?実は矯正治療は『何歳からでも始められる』治療です。小さな頃は気にならなかった歯並びが、10代になってから目立つようになりコンプレックスを抱えている方も少なくありません。

また、歯並びが整っていないことは、見た目だけの問題ではなく様々な影響を与えます。例えば、歯が前に出ているケース(上顎前突)、いわゆる「出っ歯」の場合は、常に前歯が乾燥している状態となるため、虫歯菌を抑える働きのある唾液が十分に分泌されず虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、お口の中が乾燥してドライマウスになってしまったりと機能面でのデメリットも多く含みます。

当院ではまず『無料相談』からお受けすることが可能ですのでご両親にご相談の上、お気軽にお問い合わせください。

このようなお悩みありませんか?

矯正装置の見た目が気になる

このようなお悩みありませんか?思春期のお子さまは、矯正装置が目立つことを懸念して矯正治療を受けたくないと考えている場合があります。お子さまに矯正治療を受けるように勧めても頑なに拒むような場合には、マウスピース矯正を勧めてみてください。

中高校生もマウスピース矯正が可能です

マウスピース矯正とは、薄い透明のマウスピースを装着して歯並びを整える矯正治療です。マウスピース矯正(インビザライン)は大人に限らず中高生も受けることができます。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット

友達など周囲の人に気付かれにくい

マウスピースは透明で薄いため、装着していても周囲の人に矯正治療を受けていることを気付かれる心配がほとんどありません。会話や食事のときにも、人前で抵抗なく口を開けられます。

痛みを感じにくい

ワイヤー矯正では、矯正装置が口の粘膜を傷つけることで痛みが出る場合があります。マウスピース矯正では、角がある矯正装置は使用しないため、口の中を傷つけて痛みが出る心配がありません。

部活や習い事に影響が出にくい

ワイヤー矯正では、顔にボールが当たるなどしたときに口の中を傷つける恐れがあります。マウスピースは歯を覆う形状をしており、粘膜を傷つけるような心配がないため、部活や習い事に支障をきたしにくい矯正治療です。

好きなものを食べることができる

ワイヤー矯正では、矯正装置に食べかすが挟まることが気になる場合があります。マウスピースは自由に取り外せるため、食べかすが挟まっても気になりません。柔らかい歯ブラシで丁寧に磨くことで、清潔な状態を保てることもメリットです。

TOPへ戻る
03-6279-0018 24時間WEB予約 オフィシャルサイトはこちらから オフィシャルサイトはこちらから 24時間WEB予約